メインメニュー

サブメニュー

オンラインカジノのバカラゲーム、マイクロゲーミング系のライブバカラ、ドラゴンボーナスバカラもできる

バカラの勝敗

■バカラでは、プレイヤーとバンカーの勝負になります。
1〜9まではそのままカウントし、10と絵札は0とカウントします。
2枚もしくは3枚ずつカードを配り、最終的に9に近い方が勝ちになります。
引き分けだった場合、本線(プレイヤー、バンカー)に賭けているのはそのまま返されます。

プレイヤーの条件

■バカラには条件というバカラの醍醐味ともいえるルールがあります。

条件とは?

プレイヤーの場合まず、2枚目のカードが配られたときプレイヤーが5点以下で、バンカーがナチュラル(8、9)以外の時に
3枚目を引く条件が発生します。
6点、7点の時はスタンドといい、3枚目を引きません。バンカーが6、7、8、9、点の時
(スタンド、ナチュラル)は3枚目を引かず勝負は2枚で決します。
8点、9点の時はナチュラルといい、この場合も3枚目を引きません。バンカーも3枚目を引かず勝負は2枚同士で決します。
オンラインカジノのバカラゲーム、マイクロゲーミング系のライブバカラ、ドラゴンボーナスバカラもできる。
実際のライブバカラのゲーム中の画像
まず、プレイヤーは2枚目で合計5点です。バンカーサイドは合計1点。ここでプレイヤー、バンカー共に5点以下なので両サイドもう1枚 カードを引く条件が発生します。

ドラゴンボーナスバカラもできる。
実際のライブバカラのゲーム中の画像。バカラの条件で3枚目を引く画像
プレイヤー3枚目、絵札でしたので5点から変わりません。

マイクロゲーミングライブバカラ、4点差で2倍のドラゴンボーナス
そしてバンカーの3枚目、8点が出たので合計9点になり勝負は9対5バンカーの勝利になります。

「プレイヤーはバンカーナチュラル以外、5以下3枚目を引く」と覚えれば簡単ですね

バンカーの条件

■さて、今度はバンカーの条件になります。
プレイヤーに比べてバンカーは条件が多くなります。これがプレイヤーに比べてバンカーの方が若干有利になっている理由です。
バンカーの合計が0、1、2点の時はプレイヤーがナチュラル(8、9点)以外の時はすべて3枚目を引きます。
バンカーの合計が3点の時はプレイヤーがナチュラル以外とプレイヤーの3枚目が8の数字だった場合3枚目を引きます。
この時の8の数字の事を決まりカードといいます。
「3条件、8決まり」

バンカーの合計が4点のときはプレイヤーがナチュラル以外とプレイヤーの3枚目が1、8、9、10以外の時は3枚目を引きます。
「4条件、1、8、9、10は決まり」

バンカーの合計が5点のときはプレイヤーがナチュラル以外と1プレイヤーの3枚目が1、2、3、8、9、10以外の時は3枚目を引きます。
「5条件、1、2、3、8、9、10は決まり」

バンカーの合計が6点のときはプレイヤーがナチュラルとスタンド、プレイヤーの3枚目が6、7以外の時はバンカーは3枚目を引きません。
「6条件、6、7以外は決まり」
7、8、9点は3枚目は引きません。
マイクロゲーミング系のライブバカラ画像での条件説明
まず、プレイヤーは2枚目で合計0点です。バンカーサイドは合計4点。ここでプレイヤー5点以下なのでプレイヤーサイドにもう1枚 カードを引く条件が発生します。
このとき条件は、4条件(1、8、9、10は決まり)なのでもしプレイヤーが1、8、9、10点を引けばゲームは終了します。

マイクロゲーミングライブバカラ32REDカジノで遊べます。
プレイヤーの引いたカードは2点でした。なのでゲームは終了せずバンカーは三枚目を引くことになります。

バカラゲームではドローの場合引き分けでサイドベット以外はお金が戻ります
バンカーの三枚目のカードは8点でした。なので今回の勝負は、2対2ドロー(引き分け)となります。

表にするとこうなります
バカラの条件画像

inserted by FC2 system