メインメニュー

サブメニュー





ブラックジャックのルール

■勝敗

カードの合計が21点を越さずに、21点により近い手を作った方
(プレイヤー側かディーラー)が勝ち。同じ点数の場合は引き分け。配当は基本2倍

■カードの点数

  • Aは1点(ハード)もしくは11点(ソフト)と都合のいい数字を選べます。
  • 絵札(J、Q、K)は10点として考えます。
  • 2〜10までは数字通りの点数となります。

■ブラックジャック

最初にAと10点のカードを引いた場合「ブラックジャック」となり、配当は
2.5倍になります。ディーラー側がブラックジャックではない場合そのゲームは勝利になります。
ディーラーも「ブラックジャック」の場合は引き分けです。三枚目以降で
21点になった場合は「ブラックジャック」とは言わずただの21点で、
もしそのゲームで勝っても、配当は2倍です。

■バースト

点数が21点をオーバーしてしまったこと、ディーラーもバーストしますが、プレイヤーが
バーストした場合ディーラーがそのゲームでバーストしても無条件で負けになります。

■ヒット、スタンド

ヒットとは、21点に近付けるためにカードを1枚追加することで、スタンドとは
カードの追加を終了し、現在の手(点数)で勝負することです。

■ダブル

ブラックジャックでは賭け金を倍にしてカードを引くことできます。
ただし、それ以上カードを引くことはできなくなります。

■スプリット

最初に配られた2枚のカードが同じ点数だった場合に、手をを2つに分割すること。
分割後、それぞれの手にに対して追加のカードを引く。 2つ目の手にも最初の賭け金
と同額の賭け金が必要になります。2枚のAをスプリットした場合にはそれぞれに対して
1枚しかカードを追加することができないルールもあります。

■インシュアランス

ディーラーに配られた1枚目のカード(アップカード)がAだった場合、
ディーラーがブラックジャックであることに対して保険を賭けることができる。
保険金の額は最初の賭け金の半額で、ディーラーがブラックジャックであった場合、
最初の賭け金は失うが保険金の2倍の金額を受け取ることができる。
ブラックジャックでなければインシュアランスの賭け金を失いますが、そのゲームで
勝てば最初の賭け金は倍になってかえってくるので、5分勝ちになります。

■サレンダー

ディーラーのアップカードと自身のカードを比べて不利である時、「サレンダー」
(降参)ができます。サレンダーをすると、そのゲームで賭けた時の半額が返ってきます。

ブラックジャックの進行

  1. プレイヤーとディーラーにカードを2枚ずつ配ります。
    ディーラーに配られるカードの1枚目は表向きだが、2枚目は裏向きにします。
    (2枚目をプレイヤー側の選択を全て終わった後に引く場合もあります)

  2. 配られたカードに応じてスタンド、ヒット、ダブル等のアクションを選択すします。
    プレイヤーの2枚のカードが同じ点数ならスプリットを、
    ディーラーのアップカードがAならインシュランスを選択できます

  3. プレイヤーに追加のカードを配り終えたら、ディーラーに追加のカードを配る。
    ディーラーは16点以下なら必ずヒットしなくてはならず、
    17点以上なら必ずスタンドしなくてはいけません。

  4. ディーラーとプレイヤーのハンドを比べて勝者を判定します。
    ディーラーが勝った場合はプレイヤーの賭け金を没収し、プレイヤーが
    勝った場合はプレイヤーが賞金を受け取ります。


ライブブラックジャックで遊ぶなら・・・



ワイルドジャングルカジノ

ワイルドジャングルカジノ
inserted by FC2 system