メインメニュー

サブメニュー



マーチンゲール法とは?

■マーチンゲールとはおそらくベッティングシステム(マネーマネジメント)の中で一番有名で、簡単なシステムです。
方法は単純に最初に賭けた金額を勝てば継続して同じ額を賭け、負ければ次のゲームは倍に、
さらに負ければその倍にし勝つまで前ゲームの倍に賭けて当たるまで倍にかけ続けるシステムです。

表にするとこうなります
ライブブラックジャックもできるライブバカラも出来るマーチンゲールで勝とう

マーチンゲール法は有効か?

■確率50%、配当が2倍ののギャンブルではマーチンゲールが有効なのは誰でも理解できると思います。
ただ、それには条件があってプレイヤー側に無尽蔵にチップがあり、胴元側がテーブルリミットを
設定していなければの話です。

確率50%のゲームで10連敗することは確率的には512分の1で2分の1のゲームからすればかなり低い数字の
ように思えますがギャンブラーにとってはよくある連敗数で、逆に10連勝することも割とよくある数字だと思います。
そこでマーチンゲールを素直に1$から賭けて、例えば9連敗した後に次に賭ける額は512$、もし
そこで勝ったとしてもトータルの勝ち金は最初に賭けた1$の配当のたったの1$しか増えません。
1000$も賭けておいて勝ち金が1$なんてこんな心臓に悪いことはありません、そりゃこの方法を
やり続ければ負けるに決まってます、実際、10連敗で済まずこの後まだ負け続ける場合も
あるわけなので全てのベッティングシステムに言えることですが、
一つのベッティングシステムにこだわり続けるのは間違いなのではないでしょうか。

マーチンゲールを使うなら


小さい額で賭ける
例えばもう止めようと思った時に余った端数を倍に増やしたいとき。
もしなくなっても気にならないぐらいの金額にする。

3連敗もしくは4連敗で一回リセットする
マーチンゲールのデメリットは負け続ければ倍額にしていかなければいけないところで
連敗数が大きくなればなるほどベット額が大きく膨れ上がる事です。
そこで3連敗、 4連敗してしまったら一回元のベット数に戻してしまいます。
3連敗、4連敗程度なら短時間で取り戻すことも難しくありません。

負け額が最初の賭け金の20倍までいったら止める
悔しいと思うこともありますが、止めてしまうのも手です。
オンラインカジノは24時間、毎日やっているんですからまた次の機会に
取り戻す金額を少なくしてトータル勝率をあげる事が良いと思います。




32REDカジノはライブブラックジャックもできるライブバカラも出来る

inserted by FC2 system